会社名 一色株式会社
代表者 取締役会長 一色市郎
代表取締役 一色浩之
所在地 〒729-3101 広島県福山市新市町戸手750-4
Tel.0847-52-3520 Fax.0847-52-6780
創業 昭和34年7月
会社設立 昭和49年4月
事業内容 縫製副資材販売(縫糸90%細巾ゴムその他10%)
被服生産に必要な縫糸を新市、府中、福山を中心に県東部、岡山県西部、島根県の被服会社に販売をしています。
営業姿勢 「いつの世も品質は一番でありたい、糸の一色」
縫糸においては全力でお客様にお応えしたいと考えています。



ごあいさつ

 当社は、昭和34年に現会長、一色市郎が縫製副資材卸業として創業いたしました。
 当地区備後地方は古くから「かすり」の生産が盛んで、全国へ販売されていました。
 しかし、時代の変化と共に「かすり」の販売が減少する中、縫製産地へと変革し、現在ではユニフォーム、ジーンズ、婦人スラックス、カジュアル等、全ての商品群を生産・販売する全国三大産地として数えられるまでになりました。そのような背景の中当社も年々業容を拡大するに至ることとなりました。
 昨今では中国をはじめとする東南アジアへの生産移行によって、備後地区での生産量は年々減少の一途を辿っております。
 しかし当地業界において更なる新商品の開発、独自のクイックレスポンスを活かし活躍されておられる企業様も多くございます。
 このような時代背景の中当社がアガリクス、プロポリスに出会った経緯をご紹介いたします。出会いは、まったくの私事ですが、ある学生をホストファミリーとして受け入れたことから始まります。当時、私の長女の通う私立校では各地に姉妹校提携をするなど国際交流の盛んな学校でした。私どもはアメリカ・ブラジルの学生を何度か受け入れましたが、ブラジルのサンパウロからやってきたタチアナはずいぶんと私の家族を気に入った様子で帰国後も家族ぐるみの交流が深まりました。そのうちいとこにあたる男子学生をホストし、翌年にはおじいさん、翌々年はお母さんと我家を訪問しますます交流を深めていきました。
 会話の中でブラジルでは「プロポリス」という他にはない上質の健康食品があるので取り扱いしてみられてはどうですかとのアドバイスを頂き、早速現地の養蜂家を紹介していただきました。
 その方は日本でも雑誌、新聞等で紹介されており頂いたものを家族で服用し今まで知らなかった「プロポリス」の効力のすばらしさを実感いたしました。
 日本においても食生活、環境の大きな変化に伴い成人病等様々な病気が増加しつつあります。健康を害していらっしゃる方々の事を身近で聞くにつけ、このような本当にを良い物を手頃な価格で皆様にご利用していただくことで「健康」というテーマに近づいてみたいと考えております。
 私の理念は「共存共栄」。私達は、私達の仕事を通じて社会に貢献することです。
 笑顔で明るい人生を生き生きと歩みたいと思っています。

昭和34年 一色商会創業
昭和49年 一色株式会社設立
昭和62年 新社屋を建てる
平成元年 島根大田営業所開設
平成7年 日本一色株式会社上海に開設
平成11年 サンパウロ坂本養蜂場よりアガリクス、プロポリスの輸入を開始

主販売先 自重堂、ブルーウェイ、地元アパレル会社、島根・井原・笠岡のアパレル会社

主仕入先 ・グンゼ(株)、ニッシントーア(日清紡グループ)、三山、スギタ、フジックス、デニソン・ジャパン
・坂本養蜂場



(C)2002-2004 ISSHIKI CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED